Vol.84 真壁祇園祭

夏祭りのシーズンになりました。
日本情緒溢れる夏祭りは、夏の間に一度は見たいものです。
どこか素朴な田舎の夏祭りがないかなぁ・・・と探していたところ、
真壁で山車の祭りがあるのを見つけました。
雛祭りで有名な真壁ですが、山車の夏祭りがあったんですね。
8/24・25・26で五所駒瀧神社の例祭である祇園祭が行われました。
真壁は昔ながらの古い城下町なので、祭りの雰囲気も情緒たっぷりです。
鉄道もなく、高速道路もなく、筑波山のふもとに陸の孤島のようにぽつねんと現れる真壁の町。
400年続く祭りだというから驚きです。
地元に古くから続く、名もない祭りが乙だったりします。

私は東京生まれの東京育ちなので、祭りといえば御輿でした。
だから、こうした山車のお祭りは新鮮です。
山車は形もいろいろあって華やかで、中でお囃子や踊りや芝居やからくりなんかも出来る。
山車の祭りのファンになりました。

勢いよく引っ張ってぐるぐる回します。道路に山車を回した跡が。

  

大老、中老に続き、白足袋・白鼻緒の草履、弓張り提灯の人が幹事、他の人は月番。
古いしきたりをいちいち守っているっぽい所がイイ感じ。
山車の後をゾロゾロ続く、この人たちのいでたちが面白いのです。

提灯が点り、祭りムードが盛り上がる町。天狗の山車が一番迫力ありました。
4台あるうちの3台までしか見れませんでした。
来年は全種類見たいものです。

  

Vol.83へ  Vol.84  Vo1.85へ



「ボテキンパラダイスかわら版」
Vol.84 2014.8.1発行
制作/高森春恵
このHP上のイラスト・文章等の無断での使用を禁じます
Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

inserted by FC2 system