Vol.63 稲穂芸術風景

編集後記

9月に入ると日本のあちこちで稲刈りが始まります。
多くを語らずとも、日本ならではの美しい風物詩ですね。
田植えと共に田んぼが一番にぎやかになる季節、稲穂のこがね色がまた格別です。

  

田んぼにぽつんと、あるいは点々と立っているトタンの小屋には、農機具やポンプが仕舞われています。
人が手作りしたいろいろな形の小屋がポイントになって、
素朴でありながら、自然の中に溶け込んだインスタレーションのようです。

  

 

 都市を少し離れるだけで、すぐに田んぼには出会えます。
近郊をちょっとウロウロするだけで、すぐにこんな風景に出会えると思います。
これまで集めた、関東周辺(千葉・茨城・山梨・新潟など)の稲刈り時期の写真をまとめてみました。

  

電車の車窓、ドライブの最中、田んぼがあったらぜひ観察してみて下さい。

 

Vol.62へ  Vol.63  Vo1.64へ



「ボテキンパラダイスかわら版」
Vol.63 2013.9.15発行
制作/高森春恵
このHP上のイラスト・文章等の無断での使用を禁じます
Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

inserted by FC2 system